20代で警察に逮捕されたらどうなる?犯罪行う前に踏みとどまれ!

 

こんにちは、ブロガーの翔やんです。

いきなりのカミングアウトですが、わたしは20代初期に逮捕歴があります。

わたしの逮捕内容は、正直小さいことではあるんですが犯罪に小さいも大きいもないんですね。だから逮捕されるのです。

わたしが体験したのは、留置所までの短い期間ではありましたが、逮捕されるという事がどれだけ大変な事なのかを記事にしました。

 

警察に捕まるとどうなるのか?20歳を超えている時点で少年の頃とは訳が違うのです。

もしこの記事を読んでいるあなたが警察に関わる事をやろうとしているなら、一歩踏みとどまってください。もしくは知人にいるのであれば、引きとめましょう。

少なくとも逮捕後にどうなるのか気になってこのページへたどり着ているはずですので、逮捕されるとどうなるのか実体験をもとに記事にします。

 

逮捕される方法は大きく2パターン

・現行犯で緊急逮捕

・逮捕令状をもって自宅へやってきて逮捕

現行犯は、例えば万引きをした場合や職務質問された時に、その場で犯罪が判明した時に緊急逮捕されるものです。

 

逮捕令状の場合、逮捕できる証拠を集めて固めてから自宅へ直接逮捕しにきます。

逮捕令状は、警察が立証をできるまで証拠などを集めて、裁判官に要求し発行してもらうものです。

裁判官の許可を得ているので、効力は絶対なのです。

 

逮捕後の流れ

逮捕されて署に連行された場合、以下の手順で今後の動向が決まります。

逮捕され警察署の留置所へ連れていかれる

48時間以内に警察からの取り調べ

↓(2日経過)

24時間以内に検察庁へ送検(引き続き取り調べなどを行う必要があるのか判断される)

↓(3日経過)

勾留(最大20日間、罪にもよりますが大半は20日間)

↓(23日経過)

起訴・不起訴(不起訴の場合はこの時点で釈放)

起訴された場合はさらに起訴後の勾留期間が設けられる(おおよそ1カ月)

↓(約2ヶ月経過)

刑事裁判(有罪or無罪)

有罪の場合、懲役もしくは執行猶予が言い渡される

 

判決や結果がどうなるかは犯罪の程度にもよりますが、明らかに軽い「軽犯罪」でない限り長くなると見といたほうがよいです。

特に「強」が付く犯罪は非常に厳しく見られると判断してください。「強盗」「強姦」など一発で懲役ものです。他にも「詐欺」などは厳しく見られています。

要は罰金刑がないものにあたります。

 

※面会について

例え家族であったとしても検察庁へ送検されるまでの72時間以内は家族であっても面会を行うことができません。

しかし、弁護士は可能ですので弁護士から話を聞くと良いです。

容疑者は逮捕されると必ず番弁護士という弁護士を選任することができます。

これは無料でつく弁護士で、この弁護士を通じて家族と連絡をとることが出来ます。

 

逮捕後にやってくる孤独や後悔で生き地獄を味合う

逮捕後にどうなるのかなんてまず知らないですよね。

逮捕後、警察署の留置所に入ってから見知らぬ他の犯罪者と同じ部屋にいれられます。

孤独のあまりついつい話かけてしまいますが相手も犯罪者。得をする事なんてありません。

そして何よりも今まで会えてた人間に会えなくなる辛さがあります。

働いていたものならば職を失う事にもなります。(わたしは恵まれていたのもあり、奇跡的にも正社員として職場へ復帰する事が出来ましたが。)

 

ここで後悔してしまっても、もう遅いのです。

気づいたときに留置所の中では、すでに今まで築いた信用は失っています。

これからこの先どうするのか、どう物事を行うのかにしても判決が下るまで判断できないので、ずーーっと不安や心配が続きます。

はっきりいって生き地獄です。

 

検察庁への送検が終わると、次は最大20日間の勾留です。この期間は要するに取り調べを念入りに行い証拠を固めていくものです。

ですので、いつ、誰が呼ばれるのか分からない状況で、不安を抱えたまま待ち続けることになります。

さらに取り調べでは深く深く追及されます。自分では思いつかない、思い出せないこともどうにかしろと追及されます。

答えられない、それでもずっと続きます。

精神的ダメージは相当です。

やってない事までやったと言えというような状況になります。

 

他にも留置所の場合だと、何も出来る事がありません。

何もない部屋に閉じ込められます。

ゆういつ出来る事が本を読む事です。

差し入れがあれば小説や雑誌など読む事ができますが、それだけです。

それだけでも十分とは思わないでください。

普通の生活を送るだけで、それ以上の事がたくさんできるんです。そんな所で無駄な時間を過ごすくらいなら、バイトしたり働いているほうが自由があってよっぽどマシです。

何度も言いますが、逮捕されてからはどれをとっても生き地獄です。

辛い後悔や思念だけが残り、何も得るものはありません。

たまに留置所の中で知り合って、外に出てから会いましょうみたいな話をしてしまう人もいるけど、それはまた犯罪を呼ぶ可能性が高いので辞めたほうがいいです。

悪事を繰り返せば必ず逮捕されます。

 

留置所の中での出会いは危険

留置所は逮捕されてからのスタート位置なので様々な人間がいます。

酔っぱらった勢いで喧嘩してしまって罰金を払うだけの人間もいれば、殺人を犯した人間もいます。

わたしは留置所の中でひき逃げ殺人犯や悪質犯とも話した事もありました。しかし関わりたいなんて1ミリとも思いませんでした。

 

上記にもあった通り、外に出てから会おうというのは辞めた方がいいです。

そういった人間は、犯罪にまた手を染める可能性が高いので「再犯」の確率が上がります。最悪、利用されてしまうケースも考えられます。

「再犯」というのは、同じ犯罪を2度以上行ってしまったときに判断され、通常よりも非常に厳しくみられてしまいます。

自分が意図しなくても巻き込まれる可能性があるので、自分から切り離していく必要があります。

 

逮捕後に後悔しても遅すぎる

逮捕後に後悔しても遅いんです。

家族、犯罪の被害にあった人たち、自分の周囲の人間、全てに多大な迷惑をかける事になります。

特に被害にあった本人からすれば、今から反省されても知ったこっちゃありません。何の意味もないんです。

それだけ相手へ与えるダメージは大きいのです。

 

そもそも、犯罪を行う事にそもそも利点がある訳ないんです。

10万円を盗む為に懲役3年でもくらったらどうします?

普通にバイトするだけで1ヶ月働けば稼げるんですよ?

こんなに無駄な時間ってないでしょう。

 

3年間服役する事を考えたら、仕事してるほうがよっぽどマシじゃないですか?しかも、それは「誰かの為」になるんです。

恋人、家族、知人、知らない人、自分、の誰かの為になるんです。

犯罪を犯してしまうと、「誰かを傷つける」だけなんです。この天と地の差の違いがわかりますか?

ですので、もし今何か思い当たる事を考えてしまっているのであれば

一歩踏みとどまってよく考えてください!

はっきり言います。

全ての信用を失い、人生棒に振ります。一度きりの人生です。

どんな事でも犯罪であれば捕まります。突然のタイミングで朝一番に警察に囲まれます。

 

ただでさえ短い人生をどう過ごすか模索するなかで、何にも得る事のない無駄な時間を過ごすなんてとんでもないです。

仮に「逮捕されてもまだ20代だからやり直せるかも」なんて考えはさっさと捨てましょう。法律はそんなの関係ありません。むしろ20歳超えていたら全て法律に裁かれます。

 

とりあえず仕事行っているなら、仕事に時間を費やしてください。

そっちのほうが何倍も何百倍も得られるものがあります。

何気ない日常を幸せと感じるよに、仕事に精をだすべきです。

仕事がなければすぐにでも探してください。

仕事をしてから、また別の楽しみを探す事が出来ます。

友人と飲み会、恋人探しなどの自由があるんです。

 

捕まるような事をしてしまうと、誰が得する事もなく、本当に無駄でしかありません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。by翔やん

 

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SONYのテレビ「X9300D」を購入して使いこなした結果

振り過ぎるな!マクドナルドの「シャカシャカチキン」は横に振れ!

元パチスロ中毒者のパチスロで体験した「呪いの7日間」を記事にしてみた

(検証)カレーの美味さが倍増!100円で出来る7種のスパイスとは

最新SONYワイヤレススピーカーSRSX11を使いこなしてみた感想

スターウォーズを観る順番とは?おすすめの順番と解説!ネタバレ注意!