超くだらないパーティーゲームを考えてみた。その名も「スマイルストップ」

Hey Whats Up?

こんにちは、ブロガーの翔やんです。

「パーティしてますか?」

といきなり質問してみましたがパーティといっても様々なシーンがありますよね。

しかし、どのパーティでも多人数である事が多いと思うので楽しいゲームで盛り上がれたら良いですよね。

 

スマイルストップとは?

そこでぼくが発明したのが「スマイルストップ」というゲーム。カードを順番に引いてそこに書かれている指令を行い、人を多く笑わせたものが勝つという実にくだらないゲームです。

事前に物を用意しなければいけませんが簡単に作れます。

略して「スマスト」と称しましょう。

 

スマストを行うために用意するもの

「画用紙とペンとハサミ」

この3つがあればとりあえず出来ます。トランプのようなカードを複数枚作ります。カードになるものであれば何でも構いません。(※カードの表面は空白になっているものが必要です)

で、そのカードにペンで指令と番号を書きます。

これで完成です。

「カードにどんな指令を書くの?」

という事ですが、命令の内容は「人を笑わせる内容」です。

例えば、わたしが考えた指令を参考にしてください

1、めちゃくちゃ高い声で「マヨネーズ」と叫ぶ

2、怒りながら「からし」と叫ぶ

3、むちゃくちゃ低い声で隣の人の名前を呼ぶ

4、ペンが曲がってみえる行為を腕で再現する

5、「ぼく久保」と2回言う

6、「大きな栗の木の下で」の曲調で「おおきな栗の木下さん」と歌う

7、隣の人にシャイニングフィンガー

8、「となりの客はよくかぼちゃの煮物を食う客だ」と3回言う

9、政治について1分間真剣に語る

10、自分の年収を暴露

11、Hの時にかならず行う事を一つあげる

このような指令をカードに書いておくのです。こう見ると実にくだらんね(笑)

番号も忘れないように順番に書いておいてください。

ぶっちゃけ内容はなんでもいい訳です。人数にもよりますが20枚ほど作っておけば事足ります。

スマストの簡単なルール

スマストは2人~何人でも楽しめます。ここで上記で作成したカードを用意します。

8人なら1~8のまでの番号を書いたカードを、2回目のゲームからは9~16の番号を書いたカードをシャッフルして用意します。

複数人で輪になって、上記で作ったカードを順番に引いていき、書かれた指令をクリアします。1回のゲームは一周で終わりです。(この時引いたカードは周りにも見えないようにします)

この指令で笑わせた人数が一番多い人が優勝です。一周の間ですので笑わせた人数は各自覚えておきます。

優勝した人は「王様ゲーム」のような王様になり、命令を出すことが出来ます。命令を出す時はカードに番号が振られているので、その番号に対して命令を出します。

例えば一回目のゲームで1~8のカードを利用しているのであれば、1番から8番までを指定します。

「4番と5番が手をつなぐ」

といったように、王様ゲームと笑いが融合したゲームなんです。

ルールまとめ

1、輪になって1人ずつカードを見られないように引く

2、書かれている指令を行う

3、各自笑わせた人数を覚えておく

4、一周したら1回のゲームが終了

5、一番笑わせた人が優勝し王様となる

6、王様ゲームのように王様が命令を出す

 

スマストの利用するシーン

たこ焼きパーティ、バーベキュー、自宅でパーティ、合コンなどなど様々なシーンで利用できます。

会社の飲み会とかでもやっても面白いですが、人見知りな方にはとてもつらいゲームになります(笑)

しかし、親交を深めるにも良いとは思うので是非利用してみてください。

やってみた方は感想きかしてください。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。by翔やん

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スターウォーズを観る順番とは?おすすめの順番と解説!ネタバレ注意!

(検証)カレーの美味さが倍増!100円で出来る7種のスパイスとは

ついに我が家へ!PS4proとモンハンワールドを購入!それぞれをレビュー

医者は信用するな!担当の医者が必ずしも正しいとは限らない理由

20代で警察に逮捕されたらどうなる?犯罪行う前に踏みとどまれ!

恋愛で喧嘩の悩み?まずは俺の過去の恋愛を聞いてから悩んでくれ