赤身の代表取締役「ランプ」

名前の由来と部位の場所

ランプはモモ肉と総称されるカテゴリーの一つで、ブロックで見てみると「ランプ」「イチボ」があり、それらを総称して「ランプ」と呼びます。

もしくは、合して「ランイチ」とも呼びます。

腰からお尻にかけてサーロインから続くこの部位は、モモの赤身系の中で最も味が旨いと言われています。

ですので、赤身の代表とも言えるほどの部位です。

基本的には、この「ランプ」の部分と「イチボ」部分は分けて使われる事が多いです。

 

 

 

肉質

「ランプ」は赤身の中でも、きめ細かく脂もやや少しあり、特に赤身の中でもやわらかいのが特徴です。

サシ(霜降り)が少し入っている割には、脂もあっさりしていて、しつこさもありません。

サシの入った脂のきつい方にはオススメで、大人気の部位でもあります。

、和牛だと更にサシが入りますが、それでもあっさりしていて食べやすいです。

食べ方や使い方

赤身である事から薄きりが食べやすく味わいやすいです。

元がやわらかいので、お肉の味をしっかり楽しめてあっさりもしている事からステーキでも人気です。

焼き方も焼きすぎずにレアで肉汁を楽しむのが〇

あっさりしている事から何にでも合うけど、個人的には塩胡椒とワサビが◎

お読み頂きありがとうございました。by翔やん&ウッシー

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ランプののれん分け「イチボ」

カルビの正体!「かたばら」と「ともばら」を総称して「ばら」

牛肉の部位!牛肉の王様「サーロイン」の名前の由来や肉質は?

希少部位「カイノミ」は万能に対応できる何でも屋

肉の織田信長!「リブロース」

「肩ロース」=クラシタ