余った牛肉って冷蔵庫でいつまで保存できる?賞味期限は?元肉業界人が解説

おはようございます、ブロガーの翔やんです。

牛肉って消費期限が記入されているけど、実際にいつまで使用できるのかって分からないから、捨てるのももっ

一般家庭の中で、期限切れたらすぐにでもダメっていう方もいれば、ある程度くらい平気さ~と食べる方もおられます。

実際、お肉はどれくらいまで保存して、いつまで食べれるのか。

今回は、スーパーや精肉店で購入して、使用した後に余った牛肉の保存の方法といつまで食べれるのかまとめてみました。

 

まずは、牛肉を捨てるタイミングから順におっていきます。

牛肉を捨てるタイミング

 

・最終的には臭いを確認する

極力早く使用する方がもちろん良いのですが、日が経ってしまった場合は、臭いを確認してください。

※お肉独特の薄いクリーミーな香り(チーズに近い)は許容範囲です。

酸味の効いたツーンとした臭いは諦めてください。

他にも、肉の色も見て下さい。

極度に赤黒くなっていたらアウトです。

 

牛肉を冷蔵保存する方法

まず基本的な冷蔵庫の温度ですが一般的には1~5℃がよいとされています。

 

季節や好みに合わせると良いと思いますが、0℃にしてしまうと中のものが中途半端に凍ってしまうので3~4℃がちょうどくらいで自分は設定しております。

 

ですので、冷蔵室とチルド室のどちらかで保存されるとは思いますが、冷蔵室が5℃など温度が高ければチルド室で凍らないように保存する、などという感じで調整してみて下さい。

 

お肉を冷蔵保存する手順

1、牛肉をラップで包む

2、ジップロックなど密閉出来るものに入れる

 

何故ここまでするかというと、お肉は空気に触れると酸化していき、風味が落ちて、雑菌が繁殖しやすくなるのです

 

これと同じ方法で「豚肉」や「鶏肉」も保存が可能です。

鶏肉を入れる場合は中に脱水シートみたいなものを入れると◎です。

 

お肉の包装が終わった時からカウントして下記の期限内で保存します。

・牛肉は3~5日以内(挽肉は1~2日)

・豚肉は2~3日以内

・鶏肉は翌日まで

に使いきりましょう。

 

 

”アレンジポイント”

ジプロックの中に、漬けダレを入れ、一緒にお肉を入れて冷蔵保存しておくと、下味がじっくりと染み込み、うま味成分アップ↑↑

 

食肉業界で表示する冷蔵の期限

精肉にしてスライスした段階で、ある程度決まった基準が定められています。

分かりやすく表にしてみました。

※スライスやカットしたもの、ステーキ等が対象です

保存温度 牛肉 豚肉 鶏肉
10℃ 3日 3日 1日
4℃ 6日 5日 4日
0℃ 7日 6日 6日

というように温度帯で日数が変わります。

この事から、やはり鶏肉は傷みが早いのが分かりますね。

 

この表を参考にしてみると、店頭でどれくらい日が経っているのか予測する事が出来ます。

例えば、お肉の色が灰褐色に変色していたり、開封した時に、臭いが発生している場合は日数が経っている可能性が高いです。

 

牛肉を冷凍保存する方法

牛肉を冷凍保存する場合は温度が-18℃以下になるようにしましょう

 

家庭用の冷凍庫では限界(家庭用だと-10℃などが多いので、あれば良しという感じで・・)がありますが、

 

業者が使っている大型の冷凍などで-18℃以下で保っていると2年は持つと言われています。

 

ですので家庭でも温度が低いと鮮度を保ちやすくなりますね。

 

が、なかなかそういったものも珍しいと思うのでよく開いたりする事もあると思うので1カ月を目安に使い切ると良いです。

 

まず、出来るだけ美味しい状態で冷凍保存する為には

-5℃~-1℃の温度帯を出来るだけ早く通過しなくてはいけません

これはお肉の細胞組織を破壊する”凍る温度帯”になるのですぐに抜ける事が大切。

 

なので一番有効かつ実用的なのは事前に使える分量ごとずつにお肉をカットしておき、小分け冷凍しておくと便利です。

 

スーパーで購入してきたお肉にはトレーでパックされていますが、トレーのパックは熱を遮断してしまう素材が多く冷凍するまでに時間がかかってしまうんです。

理想な形だと薄く平らにラップの上に並べて(販売しているベーコンのような感じ)包んで、保存袋に入れて空気を抜いた状態が最高の状態になります。

 

冷凍保存していたお肉の解凍方法

冷凍していたお肉を急激に解凍などすると中から「ドリップ」というものが出てきます。

よく見かけるとは思いますが血が流れでてるような感じですね。

実はあの中には、お肉の旨味成分や風味が含まれていて、たくさん流れおちてしまうと肉の味が極端に落ちます。

 

そうならない為にも自然解凍するのが理想で、冷凍庫から取り出してそのまま冷蔵室やチルド室などに入れて自然解凍しましょう。

お肉の量などにもよりますが朝一に出して、晩に食べる時がグッドタイミングです。

 

・急ぎ解凍する場合

流水解凍がおススメです。

保存袋に入れたまま水道水などを当て続けて解凍する方法です。

もちろんですがお湯だけはNG。

 

表面が解凍されたらOK。中心が少し凍っていてもそのまま調理しはじめて大丈夫です。

家庭でお腹を壊さないためにも以上を意識しておくと、安全に美味しく食べれますね!

 

 

お読み頂きありがとうございました。by翔やん

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食肉とは?人間が年間に食べる食肉の量とは?

超希少部位!?ホルモン通でも知らない牛のホルモンとは!

実は縄文時代から親しみがあった「食肉」の歴史

寒い正月に食べたいのはすき焼き派?鍋派?

自宅で硬い牛肉を調理!硬い肉を柔らかくする様々な方法

実は腐ってないよ?牛肉の「熟成肉」の意味と熟成させる方法をウッシーが解説