独立起業を徹底サポートする「フランチャイズ」のメリット・デメリット

フランチャイズとは独立のサポート

フランチャイズとは独立起業を目指す方へのサポートを行うサービスです。

経営のノウハウや権利、システムを提供する側を「フランチャイザー」と呼び、それらのサービスを受ける側を「フランチャイジー」と呼びます。

貴方がもし起業しようと思ってこのサービスを利用するなら「フランチャイジー」となります。

仮に、貴方が「フランチャイザー」と加盟契約を結ぶと、同一のロゴやブランドを持って自分でお店を経営できます。コンビニや飲食店など。

例えば、コンビニエンスストアがわかりやすい例で、セブンイレブンの名前を借りて貴方がセブンイレブンを運営する事が出来ます。

そして当然、フランチャイズを利用した場合、メリット・デメリットがあります。

フランチャイズのメリット

・初期費用と開業リスクを抑えられる

店舗を運営するのに必要な商品、ノウハウ、仕組みやマニュアルなどが最初から揃っています。

商品の仕入れルートも確立している事もあるので開業した時の初期費用と最初のリスクの両方を抑える事ができますよね。

 

・加盟店(フランチャイザー)のブランド力

加盟したフランチャイザーにブランド力があると、すでに消費者には知れ渡ってる事が多いため、安心してくるお客様も多く、集客に対する作業が非常に有利になります。

開業当初の課題でもある「集客」が一番大変なのは言うまでもありません。

 

・充実したサポート

フランチャイザーからアドバイザーが訪問してきて経営に関する相談にのってくれます。

本当にそれ一本でやっていかれるならこれ以上にないサポートを受けられます。

フランチャイズのデメリット

・支払いの義務がずっと発生する

もちろんフランチャイザーと契約しサポートを受け続けるのですが支払いの義務が発生します。

これはその運営するお店を廃業するまでは発生してしまうので最初はよかってもしばらくするとデメリットとも言えます。

支払い方法も大きく3つあって

1、売上歩合式:「売上の一定割合を支払う」

2、粗利分配式:「粗利(売上-原価)の一定割合を支払う」

3、定額式:「固定額を支払う」

があります。

一番多いのは、「売上の一定割合を支払う」の支払い方法です。

これを「ロイヤリティ」と言い、売上から%で支払い義務が発生します。

例えば売上から5%の支払い契約だと、月100万売り上げた場合、5万円の支払いなります。ここから経費などもかさむので、この5%が安いかどうかは売上次第になります。

これらは最初に契約してから最後まで払い続けないといけないのです。

ただし、自分で起業しただけでは受けれないサポートも受け続ける事が出来ます。

 

・加盟店の名前(屋号)でなくてはいけない

ただ単にお店を運営したい!とう気持ちの方なら問題ありませんが、自分で運営していくのでどうせなら自分で名前をつけたいという方にはここがデメリットといえます。

 

・辞めた後に関連する事業を立ち上げる時に規制がかかる

例えばフランチャイズで飲食店を運営していてそこで廃業を行い、今度は同業種で自分で立ち上げようとしたとします。

しかし、フランチャイザーとの契約で、廃業後、同業種での開業には一定の期間の規制を設けている所がほとんどです。

以前に顧客を捕まえていたとしても時間が空き離れていって、また全て一からというパターンに陥りやすい現象があります。

これらを踏まえて、独立起業でフランチャイズのサポートをお探しなら

【フランチャイズサポ─ト】
をオススメします。

【フランチャイズサポ─ト】なら、条件がわかりやすくすぐに目的の条件も見つけ出せます。

資料も無料で請求できるので参考資料としてもっておくにはオイシイと言えますよね。

迷われているならまず手元に参考資料ですよね。

公式サイト:
【フランチャイズサポ─ト】

お読み頂きありがとうございました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職を決意した時の理由と今の職場を退職する時の対処方法

新卒・就活生の悩みや不安を解消する「MeetsCompany」

早期退職!就職してから早期退職する一番の理由は「面接での確認不足」

諦めるな!失敗は成功の素になる理由

仕事辞めたい!仕事が辞めたくなる理由をまとめてみた

起業を決意する時の8つの注意点