牛肉の女王様「ヒレ」とは超セレブなお肉

おはようございます、ブロガーの翔やんです。

 

サーロインが肉の王様に対してこちらは牛肉の女王様になります。

なんと人間の表現はわかりやすい事か。

部位の位置は身体の中心部分

部位の場所はサーロインに寄り添うようにあります。

ヒレは高級なお肉

例えば、誰かの結婚式だったり、会社の食事会の集まりがホテルだったりして、そこのコース料理で「ヒレステーキ」とか高級そうなのを聞いた事があると思います。

ヒレ=高級

のイメージがありますよね。

 

あまり高級な為、普段焼き肉屋などにいって見かける事は少ないかと思います。

確かに高級です。

1頭からとれる量が少ないのもありますが、肉質の良質さから人気で高級な部位になります。

 

他にも「フィレ」とメニューで見かけたりしますが、同じもので間違いないです。

「フィレ」はフランス語での名称で、日本ではおもに「ヒレ」と言われます。

 

ですのでフランス料理のコースに「フィレステーキ」とあれば、ヒレステーキなんです。

 

ちなみに外国産で輸入物の名称は「テンダーロイン」という部位の名称なんですね。

 

ヒレの中にもう一つの存在「シャトーブリアン」

ヒレはブロックの状態だと細長いような形をしていて、まさに恐竜のヒレのような形をしています。

その中でも肉の一番太い部分で中心に位置する部分。

そこがヒレの中でも最高位の「シャトーブリアン」です。

高級な焼き肉店や高級コース料理等で見かける事があるかもしれません。

 

このシャトーブリアンの名前の由来は、この肉を愛したフランスの小説家「フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン」という人物から由来しています。

フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアンは1768~1848年のフランスを生き抜いた小説家で代表作は「アタラ・ルネ」「永遠の処女」という作品を書いてます。

主に「キリスト教とはこういうものだ!」的な思想で書かれています。

 

彼はナポレオンとも直接接触しており、ナポレオンからも注目される存在でした。

その彼には、身近に料理人が付き添いでいました。

その料理人に、ヒレの一番良い部分を調理させ、そればっかり食べまくっていた事から名前が由来しました。

最高級のお肉にこの名前がつくという事は、それに見合った人物だったのでしょう。

ヒレの肉質の特徴は赤身であること

やはり最高級と言うだけあって、非常に食べやすいです。

高級なお肉ほど脂がのっていて美味しいのですが、脂がきつくて量が食べれない方も多いです。

その中でも赤身色が強いヒレは、柔らかい上にあっさりしていて食べやすいと、良いとこづくしです。

特に、シャトーブリアンに関しては、それらにふまえて見た目も綺麗という、質と見た目を両立した女王様になります。

国産の和牛に関しては、脂のサシが入り、見た目も綺麗で旨味が濃厚になります。

そして和牛、特にブランド牛に関しては芸術です。

この事から女性も受けつけやすく食べやすいのも評判です。

 

ヒレを美味しく食べるには?

一年中を通して、間違いなくステーキが多いでしょう。

肉本来の旨味が詰まっているので、火もしっかり通さずとも「レアステーキ」で食べて肉の旨味を楽しむが良いとされています。

これらを焼く場合は、肉の厚さを1cm以上にはしてしっかりお肉の味を楽しめるようにします。

 

牛肉の中心部分は無菌ですので、表面さえしっかり火を通せば問題なしなのです。

最高級なお肉、デートや接待、会社の付き合い、身内の集まりなど様々なシーンでヒレステーキを堪能されてはいかがでしょうか?

 

さりげにこの豆知識をぼそっとつぶやくと好感度アップかも・・?笑

 

お読みいただきありがとうございました。by翔やん



 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

希少部位「カイノミ」は万能に対応できる何でも屋

赤身の代表取締役「ランプ」

ランプののれん分け「イチボ」

「ミスジ」とは3枚のスジ!コラーゲンを多く含む珍しい部位のお肉

カルビの正体!「かたばら」と「ともばら」を総称して「ばら」

牛肉の部位!牛肉の王様「サーロイン」の名前の由来や肉質は?