「ミスジ」とは3枚のスジ!コラーゲンを多く含む珍しい部位のお肉

おはようございます、ブロガーの翔やんです。

最近、飲食店のメニューにも多く見かける事になった「ミスジ」。

肉質の良さから美味しいと評判になり、人気も急上昇なミスジとは一体どんなお肉なんだろうか。

名前の由来と部位の場所

ミスジは、カタという部位の一部になります。

ミスジの構造は、ブロックの状態で見るとポーチのような形をしています。

そのブロックの上と下(天井と底辺)と真ん中部分をサンドするように、3枚ずつの大きな筋があります。

この事から三つスジがあるので「ミスジ」と称されています。

 

このお肉の部位の場所は、牛の前足部分に近い場所で、肩甲骨の裏の部分に存在します

牛は構造上、前足に体重がかかるようになっているので、運動量が多く筋肉が発達しやすい為、大きなスジなどが多く存在する場所です。

またミスジは、1頭から取れる量も少ない(約2kg)ので、最近では希少価値を見出されています。

ミスジはコラーゲンを多く含む肉質で赤身

運動量が多い部分でもあり、赤身系に属します。

ミスジに関しては、エキス分やゼラチン質(いわゆるコラーゲン)が多くて、噛めば噛むほど出てくる旨味が濃厚なので、上質な物なら刺身でみかける事もあります。

赤身でも柔らかい特徴からステーキにも向いています。

もちろん焼き肉でも良いです。

和牛に関しては、肉質も上品でサシもまわっていて柔らかく食べれる為、また違った楽しみ方もあり、刺身で楽しむ事が出来ます。

アレンジしやすい食べ方

ミスジの特徴は、カットした肉の厚さによって食感も変わってきて、焼き具合も変わるので意外と熟練者向け。

和牛は薄切りがよく、脂とお肉の旨味を双方楽しめるという事。

最近では大きくカットして、「ミスジステーキ」というのも、あっさりして食べやすい事から人気です。

甘口のタレが非常に合う、という事からステーキに甘いソースを組合すと相性よさそう?

さらに隠れた希少部位「ウワミスジ」

ミスジの隣に隠れている部位が「ウワミスジ」です。

とても小さく1頭から取れる量は、ミスジよりも少ないです。

ミスジ本体よりもやや硬く、赤身が強くサシが入らないので、脂が苦手な人が好みます。

 

さっぱりしていて、食べやすいのが特徴で女性にも人気。

肉の味がしっかりしているので、塩胡椒などで食べるのが美味しく食べられるポイント。

しかし、これだけでメニューで見かけるのはほとんど難しいかと思われます・・・・・。

 

お読み頂きありがとうございました。by翔やん

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤身の代表取締役「ランプ」

希少部位「カイノミ」は万能に対応できる何でも屋

カルビの正体!「かたばら」と「ともばら」を総称して「ばら」

NO IMAGE

「かた」とは様々な筋肉の集合体のお肉の部位

牛肉の部位!牛肉の王様「サーロイン」の名前の由来や肉質は?

肉の織田信長!「リブロース」