寒い正月に食べたいのはすき焼き派?鍋派?

 

おはようございます。

そして、あけましておめでとうございます。

本年は2018年という事になり、平成30年となります。

平成期も30周年という事でめでたいですね!僕も平成元年(1年)生まれですので、平成と共に成長していくのもまた感激です。

平成よ・・まだ終わらないでくれ。

さて、正月という事で今年の抱負はお決めになられましたか?

僕も抱負は決めましたので、漢字一文字で発表したいと思います。

 

今年の抱負は

「諦」

です。

全ての物事を通す中で「諦める事」と「諦めない事」という二つの意味を込めて、これに決めました。

諦めない事も大事なのですが、また諦めるという事も大事な場面があります。

今まで諦めない事だけを基準にしてきましたが、それだけではぶち当たる壁もありますので、事次第では諦めるという要素も前向きに考えていきます。

あなたも抱負を決めて、それを目標にされてはいかがでしょうか?

っと、話を本題に入りますが、やはりこの時期、寒いのでお肉を食べる時は暖まる料理に限りますよね。

で、そのお肉を食べる時に、すき焼きにするのか、鍋にするのか。

それぞれの特徴をまとめてみました。

 

すき焼きの推しポイント

すき焼きの基本的な味付けは、砂糖と醤油になります。

濃く甘くというイメージになりますので、白ご飯と絶妙に合いますよね。

すき焼きに唐辛子をサッとふれが、甘辛くなり、さらにご飯が進みます。

白ネギや豆腐、白滝など主に日本食を主としますよね。

 

・お肉を選ぶポイント

すき焼きでのお肉を選ぶ利点があり、種類としてはほぼ何でもお肉の種類がいけます。

牛肉でも、すき焼きを調理する際には、最初にお肉を焼くという工程があるので、ぶっちゃけ焼けるお肉なら何でもオッケーですが、すき焼きの食べ方からしてお肉は薄切りにしてあるものに限ります。

薄くする事で他の具材との相性がよくなり、一緒に食べやすくなります。

基本的に寒い時期だと、お肉のラベル表記に「すき焼き用」と記載されていますが、何でも代用は出来ます。

主に、バラやモモ系のお肉が良いのですが、高級にはなりますが和牛のサーロインがオススメです。(最高級)

口どけが柔らかく、お肉の風味も出ますので、まさにすき焼きの最高のお供とも言えます。

すき焼きはお肉以外の具材も楽しむという事から、お肉の脂が少し多くても気になりません。

さらに、牛肉以外にも豚肉や鶏肉でのすき焼きが可能で、お肉のバリエーションは非常に豊かに、すき焼きを攻めれます。

すき焼きの主食といえばお肉ですので、様々なお肉を入れて楽しむのも面白いのではないかと思います。

 

ただし、鍋とは違いダシを飲むという概念は捨てる必要があります。

しかし、具材とお肉とダシをごはんの上にかければ特性牛丼の完成ですよね

ヨダレがでます。

 

すき焼きの推しポイント

・甘く濃いダシが特徴

・白ご飯との相性抜群

・お肉のバリエーションはアレンジ次第で無限大

・個人的にビールと相性抜群

 

 

鍋の推しポイント

寒い時期にはやはり「鍋しよう!」ってなりますよね。

という僕もよく1人で鍋したりします。

楽だし、具材を多くすると3日間くらいはそれで持つので節約にもなります。

鍋の利点としては、具材を放り込んで炊くだけなので、そのお手軽さが良いのではないでしょうか。

 

他にもすき焼きと違い、味付けを自由に選べる所ですね。

すき焼きにもアレンジ次第で色んな味付けは出来ますが、どうしても醤油と砂糖という概念から離れる事が出来ず、すき焼きといえばその味しか思い出せないですよね。

しかし、鍋はたくさんの味を気軽に楽しめる事ができ、まさに味付けは無限題。

例えば、僕がこないだ利用したのは、まずは水炊きを行いポン酢で食べます。

ポン酢が飽きてきたら、次に味付けを行います。

僕は塩味が好きなので、塩と塩胡椒のみで味付けしました。

様々なダシが出ているので塩だけでも十分な味があります。

このダシを飲めるという点は、鍋の利点とも言えますね。

またこのダシを使って、シメにご飯入れたり麺入れたりして楽しめますしね。

ゆういつお肉を食べる面では自身で火を通す必要があるので、すき焼きよりかは少しだけ手間と言えます。

 

・お肉を選ぶポイント

やはりしゃぶしゃぶ用としては、薄くスライスしてあるものに限ります。

薄くしてある事で、鍋で「しゃぶしゃぶ」と軽くするだけで火が通るんですね。

この「しゃぶしゃぶ」と、短く火を通すことでお肉の旨味を逃がすのを防ぐ事が出来るんですね。

お肉は脂加減で好みが分かれますので、食べたいものに合わせて購入するのがポイントです。

牛肉なら、和牛のサーロイン、リブロース、肩ロースの降順でおススメになります。

この季節だと「しゃぶしゃぶ用」として出されていますが、脂の加減で調整します。

脂には旨味があるので、脂があっても少々大丈夫であればサーロイン、食べやすさを求めるなら肩ロースがオススメです。

やはり、しゃぶしゃぶにはロース系の薄切りが合います。

他にも、豚ならバラよりもロースがオススメです。(ロースのほうが脂がマシ)

ホルモンを食べる方であればもちろんホルモンもオススメです。

ホルモンは煮込む事でダシが出ますので、鍋と相性が良いとも言えます。

 

鍋の推しポイント

・ダシの味付けは好みで無限大

・お肉は薄くスライスしたものには限られる

・ダシが飲める

・シメに麺やご飯を入れて楽しめる

・個人的に日本酒の冷酒とお供する

・ホルモンが入れられる

 

あなたはどっち派?

結局、その時に食べたいものを食べてしまうのが一番です。

僕の心境としては、すき焼き推しです。笑

特に男性の方なら共感してもらえるとは思いますが、白ご飯の上にすき焼き具材のっけてガッツキたいんですよね、笑

そこで、やわらかい和牛と味の濃いダシにすき焼きの具材のっけかってたら最高じゃないですか?

でもね、鍋も食べたくなるんですよ!

なぜならダシが飲めるというのはこの時期において最高に温まるからです!

そしてお酒を渋く飲むにも最高だからという個人的な思いも。

もうどっちが良いかって思ったら、どっちも食べてしまえばいいんです!

ウッシー
結局そうなるのかよ!

 

お読み頂きありがとうございました。by翔やん&ウッシー

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

実は縄文時代から親しみがあった「食肉」の歴史

スーパーでお肉を選ぶ時の〇〇産の表記ってどう違うの?

皆が食べる牛肉の価格が上昇し続ける理由とは?

余った牛肉って冷蔵庫でいつまで保存できる?賞味期限は?元肉業界人が解説

元屠殺場経験者が選ぶ和牛ホルモンTOP10ランキング

食肉とは?人間が年間に食べる食肉の量とは?