京都でボランティア活動!「京都でボランティアに参加する為には?」

  • Hey Whats Up?

こんにちは、ブロガーの翔やんです。

さて今回のコンテンツは、ぼく自身が京都でボランティア活動した事を記録していくコンテンツ第一弾になります。

で、なにから始めようかなと思ったのですが、世の中にはボランティアで人材を求める団体が多数あるんですね。

なので、身近に出来ることからとボランティアの活動を行う事にしました。

善は急げということで、ボランティア活動する為にはどうしたらよいのか記事にしました。

 

ぼくが京都でボランティア活動を行うと決めた経緯

生きてく上で、世の中にはおかしい事だと思う事がたくさんあります。それがまかり通っているのも疑問です。元々ぼくが何事に対しても疑問をもつ癖があり、なぜこのような事になるんだろう?と思う事が多々あります。

働くなら人の為に働きたいという珍しい考えを持っているのですが、なんとかその考えを活かしたいのと人の困っている事や課題を解決したいという考え方があります。

ですので身近で出来る事は何かないのかなと、ネットで探してみたところ、京都の「地域力応援団」というものを見つけ参加してみる事にしました。

実際に住んでいる地域でどういう問題が起きているのかなど、ボランティア活動を通して様々な方と交流し、ぼく自身ももっと世の中の事を知る必要があると思ったわけです。

 

ぼく自身がボランティアを行う前に感じている事

少なからずともボランティアへ参加するという考えの持ち主は希少なはずです。周囲を見渡してもなかなかそんな考えをもっている人間はいません。

当然ですよね。自分の時間を裂いてまでやる必要があるのと、お金にすらならないという事からやる気が起きないのは当然だと思います。

ですので現段階では周囲に同調する人間はいません。これがおそらく世の大多数の声なのだなと身近に感じています。

だからぼくが今考えている事は正直、浮いている状態ともいえるのでしょうか。

 

京都でボランティア活動をするにはどうすればいい?

超簡単です。

京都の地域力応援団にメンバーとして、京都府丁にある府民力推進課から発行されるメールマガジンに登録するだけです。

地域力応援団とは?

「地域のため、社会のため、何か活動を始めたい方と、皆さんの力を必要としている地域活動団体との橋渡しをする京都府のプロジェクトです。」

引用元:京都府HP参照

 

このメールマガジンは月1回ほどの配信が行われ、ボランティア活動をしている団体の求人の一覧を知る事ができます。

その中から参加できそうな団体へ直接連絡を行い、決まった日時に合わせて参加するというもの。

このメールマガジンは京都府庁府民力推進課のHPから登録できます。

 

京都府庁の旧本館はどんなところ?

個人でボランティア活動に参加するだけならメールマガジンの登録だけでよかったのですが、ぼくは無知だったので特に行く必要もなかった京都府庁の旧本館へ間違って行ってきました。

団体で求人する側ならそれで良いのですが、個人でボランティアへ参加するには特に赴く必要はなかったんですね(笑)

でもこれはこれで良かったと思っています。恥ずかしながらこの日は、全く関係ない団体登録用の申請書を握りしめて京都府庁の府民力推進課へいってきました(笑)

京都府庁の旧本館の1Fに府民力推進課があるので、そちらを目指す訳ですが建物がなんとも特徴的でした。

なんだか歴史を感じますね。

なんでも京都府庁が最初に作られたのは明治時代の1904年(明治37年)の歴史ある建物とのことです。昭和46年まで本館として利用されており、その後は業務を行うための部屋などに分岐され、現代でも利用されています。

官公庁の中では日本最古のものであり、日本の重要文化財として扱われています。

ぼく自身も実際に中に入ってみると圧巻でした。明治を生き抜いた人たちの生活した場所に触れることで壮大さと自分の小ささを実感しました。

中に入るとまずこのような階段があります。

映画に出てきそう。天井も高くて壮大さを感じます。西洋風の文化をイメージした構造で、なんだか日本の歴史を感じ取れます。

廊下もこのような感じで、個人的にハリーポッターの学校のイメージが湧きました(笑)

この先をゆくと「府民力推進課」の部屋があります。

実際に担当の方とお話し、登録が誤りであった事に気づくと丁寧に説明して頂き、さらにメールマガジン登録後にご挨拶のメールを頂きました。

 

途中、道をそれると建物の中心部分にいけるのですが、そこは中庭になっていて桜も咲いていました。

他にもカメラで撮影されている方もいました。やはり国の重要文化財なので珍しさから人が訪れる事もあるのでしょうか。

 

こんなにも綺麗な桜が咲いていました。もうすぐにでも散るでしょうが、こんな色の濃い桜は始めてみました。

 

外に出てみると外観も違うためすぐに分かります。本当にここ府庁か?と思うくらい旧本館は異物な存在でした。(写真左が2号館、右が旧本館)

 

ぼく自身が今疑問に思っている事

ボランティアについて

・身近に起こっている問題はどれだけあって、またどのような内容なのか?

・ボランティアで活動する人は報酬もないのになぜ活動するのか?

雇用問題について

・職場での過ごしやすい環境作りがまだまだ足りないのではないか?

・労働基準を無視する会社や企業が基準となっているのではないか?

・間違いだらけの人材派遣業にもっと注目、改善するべきではないか?(今年から無期雇用が適用されてはいるが逃れる会社や企業も)

 

というような少ないながらも、疑問とそれに対する考えをもっています。このような疑問と課題を意識しながら活動に取り組みたいと思います。

次はメールマガジンが発行され、内容が確認出来次第さっそく参加して取り組んでいきたいと思います。

はたしてどのような活動が行われいるのか、今後も京都でのボランティア活動と方針を発信し記事でアップしていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。by翔やん

 

 

 

 

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

振り過ぎるな!マクドナルドの「シャカシャカチキン」は横に振れ!

(検証)カレーの美味さが倍増!100円で出来る7種のスパイスとは

男の相席屋は高い!サクラも?相席ラウンジで騙されないようにする方法

漫画嫌いが選ぶ「泣ける漫画ランキング」ベスト4!

超くだらないパーティーゲームを考えてみた。その名も「スマイルストップ」

人生楽しい!人生を楽しく過ごす為の5つの方法で自分改革!