希少部位「カイノミ」は万能に対応できる何でも屋

おはようございます、ブロガーの翔やんです。

 

最近焼き肉屋でもよく見かけるようになった「カイノミ」という部位。

こちらは1頭からとれる量が比較的に少なくお肉の質も良い為、希少価値があります。

 

カイノミは貝の身に似ているから

このお肉を切り出した形が「貝の身」に似ているところからこの名前がつけられました。

「そのままかいっ!」

 

部位の場所はバラ肉とヒレ肉の間に位置していて、赤身系の強い部位になります。

場所でいうとちょうど牛のお腹の中心部あたりになります。

カイノミの肉質はバランスが良い

バラ肉とヒレ肉の間にあって、適度なサシも入って、脂と赤身の旨味も兼ね備えたスペシャリストです。

焼き肉にするには、赤身と脂の加減のバランスが重要という事で、焼き肉店も目をつけ大変人気です。

まさに口の中でとろけるような食感で、香りもよく、大きくカットしてあっても美味しく食べれます。

レアステーキにも相性抜群です。

お酒にも合わせやすいカイノミ

お酒に関しては、日本酒やワインはもちらんですが、焼酎やビールにも適しています。

さらに味付けに関しても、濃いめのタレやあっさりタレでも合う、まさに万能なお肉。

 

和牛のカイノミを見かけたらラッキー

1頭からとれる量も少なく人気の為、希少価値が高くそれほど出回っていません。

特に和牛に関しては、見かけたらラッキーだと思ってもらって大丈夫です。

メニューで見かけても

「なんだこれ、聞いたことないし別のにしよー。」

ってなりがちですが、それ見かけたらラッキーなんで是非楽しんでください。

 

お肉にも色んな名前がついていて、判断がしづらいのですが、実は良いお肉だったてこともあります。

ですので、カイノミは見つけたらぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

お読み頂きありがとうございました。 by翔やん

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

牛肉の部位!牛肉の王様「サーロイン」の名前の由来や肉質は?

カルビの正体!「かたばら」と「ともばら」を総称して「ばら」

「ミスジ」とは3枚のスジ!コラーゲンを多く含む珍しい部位のお肉

ランプののれん分け「イチボ」

肉の織田信長!「リブロース」

牛肉の女王様「ヒレ」とは超セレブなお肉