メルカリで最速で物を売る方法と最大のデメリット「手数料の高さ」

ちゃっす!ブロガーの翔やんです。

ちょっと小遣い稼ぎと、不要なものをどうにかしたかったので「メルカリ」を利用してみました。

今までは「モバオク」というモバイル端末向けのサービスを利用していたのですが、最近話題で流行のメルカリを利用してみました。

すると売れる売れる。

今回は、メルカリで最速に売る為の方法とメリット、デメリットを記事にしました。

 

メルカリを利用するメリット

メルカリを利用するメリットは以下です。

・利用者が多いのですぐに売れやすい

・簡単に出品できる

・商品が売れてからの流れが簡単でスムーズ

・送料が安い

・安くで探せる商品も多い

やはり利用者が多いので、商品が比較的早く売れる傾向にあります。

出品も写真撮影して画像を貼り付け、商品説明を記入し、金額を決めればすぐに出品できます。

何よりも出品した商品が売れてからの流れがスムーズで楽です。

支払いそのものをメルカリが仲介する為、様々な支払い方法を購入者側が選ぶ事ができます。

 

販売者側も発送までがスムーズです。

購入者が支払いを終えると、発送方法が選択できます。

メルカリがヤマト運輸と提携しているので、らくらくヤマト便というものが便利ですね。

以前まではヤマト運輸のサービスセンターに直接持ち込む事で発送することしか出来なかったみたいですが、最近では「集荷」をアプリから選択できるようになっています。

この「集荷」が本当に便利で、近くにセンターがなかったり、移動手段がないかたには大変助かるシステムです。

依頼すれば、ヤマトのドライバーが自宅まで商品を引き取りにきてくれます。

集荷料金が約30円とられますが、自分がセンターへいく手間を考えたら30円程度安いもんです。

「送料」もサイズにより異なりますが一律で決められているので、通常よりも安くすむ場合があります。というか大半が安くなる傾向です。

 

メルカリのデメリット

・販売手数料が高い

・利用者が多い分、いい加減な人間も多い

メルカリを利用する際の最大のデメリットは「販売手数料の高さ」です。

販売金額の10%です。

これは他のオークションサイトなどをみても、明らかに凌駕する率です。

金額が高額になればなるほどです。

わたしの場合、30000円の商品を販売したのですが、それだけでも手数料3000円取られます。

確かにメリットの部分で、入力や作業、配送の手配などを代行してくれるので、それの手数料と考えればいいかもしれませんが10%は強烈です。

日頃からそういった作業部分を自身でこなしているのであれば、メリカリを使わないほうが無難かもしれませんね。

ただし、手数料がある分、売れるのはやっぱり早いです。

 

他にもいい加減な人が多いのは事実です。

購入してから支払いがないので結局キャンセルになる事がけっこう多くあります。

ぼく自身も購入されてから、支払いがなかったのでキャンセルを行い、また再度出品するので余計な時間をくらう事もあります。

 

メルカリで物を最速で売る方法

単純明白なのですが「安く売る事」です。

「安いものを売る」と「他より安く出す」という2つの戦略があります。

 

・安いものを売る

「安いものを売る」といっても極端に安くだせば利益は出ませんし、低価なものほど利益がでません。

例えば600円のものを販売したとして、手数料が60円のそれに加えて送料が320円かかっとします。

利益で考えたら220円ですよね?

購入者は600円の価値を購入しているのですが、販売側は220円しか儲けていません。

低価な時は送料が響くので、同じ送るにしても最低でも1000円以上、出来れば2000円前後の物をだすべきです。

安いもので数がある場合は「まとめ売り」がオススメですね。

まとめて少し金額を落とす事で、購入者側に「お得感」を提供します。

さらには、まとめる事で送料も軽減されます。

 

・他より安く出す

まずはメルカリで同じ商品が出品されているのか検索して確認します。

ここで売れているものと売れていないものの金額や商品の説明を見ます。

「SOLD」となっているのがすでに売れている商品です。

ここで金額などを確認したあとに、Amazonや楽天で同じ商品名を探し検索します。

これらで商品の金額を確認し、メルカリ内の商品の金額と比較します。

そこで相場が妥当であれば、他のメルカリ出品者よりも少しだけ値段を下げて販売します。

当然ながら購入者は少しでも安い方を購入しますので、そこを狙う訳です。

 

たまに、Amazonや楽天よりもメルカリの方が高く取引されている商品もあります。

それはよく売れる商品なのかを見比べて、全然売れていないようであれば、金額の相場をAmazonや楽天に合して出品すると早く売れる事もあります。

売れている商品なのであれば、お得ですので他の出品者よりも少しだけ金額を下げて出すと早く売れます。

 

・商品説明は出来るだけ分かりやすく

どういった状態なのか、キズや汚れ、使用感などその商品そのものをしっかり理解してもらう必要があります。

良い所、悪い所を出来るだけ理解してもらえるように記入しておくと「いいね」や見てもらう人が格段に増えます。

 

・おまけをつける

これは商品によって手法は異なりますが「おまけ」をつける事で売れる事があります。

おまけといっても出来るだけその商品に関連するものが良いです。仮に300円で販売して送料で相殺されてしまうようなものや不要なものでもいいんです。

そういったおまけが付くことで、同じ金額の商品を買うにしてもおまけがあるほうが良いですよね?

ただし、おまけをつけて販売する場合、おまけを外して金額を下げてくれという質問がくることもあるので、事前に説明欄に「あくまでもおまけはおまけですので金額とは関係ない」などと記入しておきましょう。

あとは、おまけをつける事で送料に変化がないのかも確認しておきます。

 

まとめ

メルカリは身近なものを手っ取り早く現金に変えるには非常に便利だと感じました。

商品販売として利用するには手数料が高すぎるのがネックではありますが、

発送手続きや支払いの代行を行ってくれたり、最速で物を販売したいときには絶大な力を発揮してます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。by翔やん

 

\メルカリの参考本でこんなのがあるよ!/

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インスタグラムで副業やスマホで稼げる話をもってこられた場合の対処法

自己アフィリエイトなら即稼げる?5万くらいならすぐに稼げる自己アフィリ

ブログ初心者の為のブログの作り方と始め方!副業にして稼ぐ方法!

厳選!副業にも向いているネットを使って無料で稼ぐ方法

アフィリエイトってどんな事?初心者の為のアフィリエイトで稼ぐ方法

副業ついでに初心者が自己スキルを高めるクラウドワークスで稼ぐ方法