「かた」とは様々な筋肉の集合体のお肉の部位

 

名称と部位の場所

「かた」は様々な筋肉の集合体になります。

「かた」は基本的に、ブロック状態で一般的に流通します。

業界では、別名「うで」とも呼ばれていたりします。

「かた」は名前の通り肩のお肉になります。

ブロックの状態では総称して「かた」と呼び、

ここから「ミスジ」「ウワミスジ」や「とうがらし」「クリミ」などへ分かれていきます。

味は濃いが硬い肉質の赤身

基本的には、きめが粗く肉が硬いです(和牛は別)

「かた」は牛の構造上、前足に体重の負担がかかるようになっているので(だから後ろ足は細い)、運動量は多くなって筋肉も発達しているので、筋膜やスジが多く赤身が強くて脂肪が少ないのが特徴です

「かた」全体に言えることは、ゼラチン質やエキス分が多く、うま味成分が豊富という事でブイヨンが良いという事。

ブイヨンとは、お肉等を長時間煮込んで、出てきた出汁の事。

「かた」はこれが濃厚なので、煮込みによく使われます。

 

「かた」の使い方や食べ方

やはり肉の性質上から、スープなどの煮込みが向いています。

濃厚な出汁が出る為、ブイヨンがまた美味しいという事です。

スーパーの煮込み用のお肉もこちらが多用されていると思います。

 

そういう場合、基本的にそのままだと硬いので、しっかりした調理が必要になります。

ただ和牛に関しては、適度にサシが入り、やわらかくなるので煮込み限定にしなくてもいいという事。

薄切りにして使えば、元々の濃厚な味があるので、焼き肉にも使えたりなど用途が広がります。

 

 

お読み頂きありがとうございました。by翔やん

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

牛肉の部位!牛肉の王様「サーロイン」の名前の由来や肉質は?

牛肉の女王様「ヒレ」とは超セレブなお肉

カルビの正体!「かたばら」と「ともばら」を総称して「ばら」

「肩ロース」=クラシタ

希少部位「カイノミ」は万能に対応できる何でも屋

「ミスジ」とは3枚のスジ!コラーゲンを多く含む珍しい部位のお肉