ダンボールのリサイクル機能がとてつもなく凄かった理由

こんにちは、川田翔悟です。

暮らしの中でいつも使用しているダンボールについて勉強させて頂いたのですが、

このダンボールというやつはとてつもなく凄いやつだったのでまとめさせて頂きました。

あたなもこの知識を持つことで、ダンボールの凄さを理解することが出来ます。

 

ダンボールの90%以上はダンボールから出来ている

ダンボールといえばリサイクルできる物として有名ですが、

実際のところどれくらいの原料でリサイクルされるのか。

 

先に結論を言うと

「ダンボールはダンボールから作られている」

です。

 

まさにリサイクルの王者!とも言えるダンボール。

リサイクル工場で新しく製紙されるダンボールの90%以上が、

あなたが使用していた古紙ダンボールから出来ています。

 

まるで不死鳥のように何度でも蘇るダンボールだ!

ダンボールそのものが自然に還る事が出来るという奇跡の紙

上記にもあった通り、ダンボールの90%以上はダンボールで出来ています。

では残りの原料に目を向けてみましょう。

 

残りの原料は、パルプと糊(のり)です。

 

①パルプとは

パルプとは植物繊維の事で、主に木材などから抽出します。

他にも草や藁、竹からも抽出することが出来ますが、主に木から抽出されています。

 

●パルプ豆知識!「ハチの巣の発見で紙が作られた!」

パルプを用いた紙の製造方法を編み出した最初の人間は、おおよそ300年前のフランス人だった!

そのフランス人はハチの巣が木の繊維でできていることを発見し、そこから木材パルプを用いた紙の製造方法を編み出したという。

ウッシー
そうだったのか!

 

②糊(のり)は何ののり?

糊は、コーンスターチといってトウモロコシを粉砕したものから抽出される成分を加工して使用しています。

ダンボールの製造・加工での接着剤として使用されているんです。

他にも食品用として使用されたり、ファンデーションなどの化粧品の基礎成分としても使われています。

 

これらを踏まえると、ダンボールそのものが自然の恵みから生まれている事がわかります。

業界では回収されず放置されたダンボールは、最終的に土へ還ると言われています。

 

全ての紙は木から出来ている

上記にもあったパルプ(植物繊維)を利用してダンボールは作られています。

これは紙すべてに共通することです。

あなたが普段使用しているA4用紙なども全てこのパルプを原料に作られています。

 

何気なく使用している紙の原料が木だなんて考えた事もなかったのですが、

こうやって勉強してみると疑問が沸き起こりました。

川田翔悟
木が無くなるんじゃね?
ウッシー
ふっ、そこは考えてあるんだぜ

 

パルプを抽出するための木材は確かに森林から伐採されています。

しかし、この紙の業界(製紙産業)では、いかに資源を循環させるかを考えて産業が行われていました。

 

  • 伐採した後は木を植える
  • 木を育て森林としての面積を広げていく

 

このように森林の面積をふやすことで更なるパルプを用意できるほか、

緑が増えて環境にもよくなるっていうシステムです。

 

ちなみに、木一本からは約13000枚のA4用紙が作れると言われています。

 

結果として環境に貢献することが出来る

古紙を分別してリサイクルすることで、燃やすゴミを減らすことが出来ます。

何年も前から言われているように、たくさんの色んな物を燃やす事で有毒ガスのダイオキシンやCo2(二酸化炭素)が発生します。

特に二酸化炭素は地球温暖化の最大の原因とも言われているんです。

 

ここでおさらいをしてみます。

  • 古紙類を分別してリサイクルし燃やすゴミを減らす
  • 燃やすゴミを減らすことで地球温暖化を抑止する
  • 紙をリサイクルする為のパルプを木材から抽出するために木を植えて育てる

 

ウッシー
どれも環境を守るという事に繋がるな

 

家庭や自宅から出る古紙のリサイクル方法

住んでる地域で回収日が決まっていたりする場合もあるので、

住んでいる町内会や自治会、マンションである場合は管理人や管理会社に問い合わせると良いです。

廃棄する手段がどうしようもない時は、近くを通りかかる回収業者に声をかけるか持ち込みをする方法です。

 

持ち込みをする場合には、各都道府県に持ち込み可能な中間処理場があるので、そちらに問い合わせると良いです。

持ち込みは基本は無料ですが、量によっては景品をもらえることがあります。

 

まとめ

ダンボールの凄さを理解していただいたでしょうか?

これを発明した人本当にすごいと思います。

しかし、リサイクルするには一人一人が分別することが必要なのです。

特に現代ではメルカリアプリで物を販売して発送するという事が多く、

そこでダンボールがよく使われています。

 

ちぎって燃やすゴミに入れたりゴミとして出すのではなく、

少し思いとどまって古紙として分別して、ちょっと良い事してもいいんじゃないでしょうか?

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。