スーパーでお肉を選ぶ時の〇〇産の表記ってどう違うの?

おはようございます、ブロガーの翔やんです。

スーパーでお肉を買う時にラベルに記載されている「〇〇産」・・・。

何が違うの?

ってなりますよね。

そんな時にその品種がどういったものかをわかりやすいようまとめてみました。

 

和牛、国産、外国産と大きく3つに分かれる

 

国産は国内で育てた牛全てが国産となる

国内で育てた牛は、全て国産となります。

例えば、北海道などでよくある乳搾りする為の牛さん「乳用種(ホルスタイン種)」も国産になるのです。

他にも交雑種などがあります。

 

国産の中でも、質が高く、選りすぐりの品種を「和牛」と言い、国産の中でもトップレベルの牛さん達です。

要は、国産でもかなり選ばれた方達です。

国産で黒毛和牛⇒国産黒毛和牛

と表記される訳ですね。

 

さらに、ここから厳しい条件をくぐり抜けて最高に選ばれた存在が「ブランド牛」です。

これについては別記事にしていますんでご参考下さい。

 

まずは、よく見かける「和牛」とはなんなのか。

そこに目を向けてみましょう。

 

「和牛種」は全部で4種類

・黒毛和種

・褐毛和種

・日本短角種

・無角和種

この4種類が「和牛」という総称になります。

 

これら全てが国産の品種になります。

国内和牛の飼養頭数の中で黒毛和種が約98%占めているので、国内に存在する和牛のほとんどが黒毛和種ですね。

スーパーとかでも「国産黒毛和牛」と見かける事も多いですよね。

 

肉質のランクは、上記の表の上から順にグレードが下がっていき、価格もそれ相応になります。

やはり黒毛和牛は、良質で霜降りの物が多いです。

個体による差もあるのでスーパーで見かけた時は、脂の加減が好みかどうかを見極めると良いです。

 

その他の国産

 

・乳用種

乳用種は乳用牛のホルスタインで乳しぼりが出来なくなると食肉用として出荷されます。

ですので結構年配の方の牛さんが多いです。

なので肉質に関しては全体的に赤身色が強くパサパサしていて硬い傾向です。

しかし、部位によってはそれがあっさりして食べやすいとこがあるなどの逆発想もあります。

 

・交雑種

交雑種は、異なる品種と品種が掛け合わされた品種です

例えばよく見かけるのは、和牛と乳用種を掛け合わしたもので、業界ではF1と呼ばれたりしています。

和牛とも掛け合わされている事から、脂量がちょうどよく食べやすいようになることから最近ではこちらの肉質に重点を置いた焼き肉店なども見かけます。

 

※お肉を選ぶ時の注意点

乳用種も交雑種もスーパーではどちらも「国産」と表記されている事が多く、わかりにくい部分でもあります。

ものによっては肉質の差が大きいので、国産といってもハズレがあります。

値段が比べて明らかに安いものは乳用種(ホルスタイン)などの肉質の悪い可能性が高いです。

やはり良質なものは少し値がついていますので、スーパーで見る時はそこも意識すると良いです。

 

外国産は外国産で品種がある

外国種は、いわゆる輸入牛などを指します。

おもにアメリカ産やオーストラリア産などを見かけます。たまにカナダ産なども。

そもそも日本のお肉の質の文化とは違うので、まず基本的に脂が少なく赤身である事が特徴です。

一番の特徴は、国産に比べると硬い、という事です。

 

外国は主食がお肉なので、出来るだけ安くすまそうとしている事から、そういった傾向が見られるのではないでしょうか。

たしかに、日本の和牛といえば良質でやわらか~く美味しいのですが、その分手間もかかってコストが上がってしまうとこはありますよね。

 

ですので、外国産をスーパー等で購入する時は、硬いという事を前提として考えてもらって大丈夫です。

 

品種としてはアバディーン・アンガス種という品種が外国種の中でも一番と言われています。

これを表記している所はあまりありませんが。

 

 

まとめ

国産に関しては、特に肉質の確認が大事という事がわかります。

ただし和牛に関しては間違いない事が多いので、実際に見た時の脂の量で判断すると良いです。

 

肉質のランキングでいうと

和牛⇒国産⇒外国産(下がっていく)

とおおまかに判断するのがいいでしょ~!

あとは、食べたい好みや気分に合してお肉を選ぶのも楽しみ方の一つです。

 

今日の晩御飯を豪華にしようと思ったら迷わず和牛!

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。by翔やん

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

(検証)牛肉の部位「ヒレ」の横にあるやつの正体とは?毒味に挑戦!

「スライス」と「切り落とし」と「こま切れ」は何が違うのか?

自宅で硬い牛肉を調理!硬い肉を柔らかくする様々な方法

牛肉を生は危険!でもレアで食べれる理由を元業界人が解説

牛肉の格付け(ランク付け)の基準とは

実は縄文時代から親しみがあった「食肉」の歴史