スターウォーズを観る順番とは?おすすめの順番と解説!ネタバレ注意!

ちゃーっす、ブロガーの翔やんです。

昨年の2017年12月に公開された「スターウォーズ エピソード8 最後のジェダイ」が公開されてから3ヶ月が経ちました。

 

かくいうわたしも「最後のジェダイ」を1人で見に行くほどのスターウォーズ好きの1人で。

集中して観たい時は、1人で映画によく行ったりします。

そこで、映画好きだけどスターウォーズはまだ見てないという友人から、どういった順番で見れば良いのかを質問されたので、おすすめの順番を推しました。

 

スターウォーズとは?

スターウォーズとは、ジョージ・ルーカス監督が手掛けたSFの大作映画です。

初公開が1977年に行われ、今からさかのぼると、41年前が初作品だという事がわかります。

当時、SFブームを巻き起こした作品と言われています。

 

スターウォーズは現代でも作品が続いており、現在はエピソード1~8の8作品が公開されています。

エピソード1~6までジョージ・ルーカスが手掛けており、エピソード7からはウォルト・ディズニー・カンパニーのJ・J・エイブラムスが手掛けています。

監督が変わった理由は、ルーカスフィルムというジョージ・ルーカスの会社をディズニーが買収した為。

 

監督が変わった事で、エピソード7からいったいどうなるのか、と不安がある反面、新しいスターウォーズが見られるのも楽しいものです。

ディズニーが手掛けた事で、ディズニーらしい親しみやすさが感じられます。

ここで補足しておくと、ジョージ・ルーカスが最後に公開した作品から10年を経て、「エピソード7 フォースの覚醒」が公開されているので、映像技術も向上しています。

 

スターウォーズはなぜ観る順番に戸惑うのか

スターウォーズは、エピソードが1~8までの8作品が公開されています。

数字だけを追うと「1から順番に見ればいいんじゃないの?」と思いがちですが、実はスターウォーズの記念すべき第1の作品が「エピソード4 新たなる希望」なんです。

まさかの最初のスタートが、エピソード4からのスタートと異色を発しているので、観る順番に戸惑ってしまうのです。

 

スターウォーズの特徴ともいえるのが、このエピソード1~6までの全てを通して「ダースベイダー」の物語になっています。

初作品であるエピソード4では、悪者で最強の敵「ダースベイダー」が主人公の強大な敵として登場します。

そこからエピソード5,6と続き、完結します。

 

では、エピソード1~3はどういったストーリーなのか。

エピソード1~3は、ダースベイダーが誕生するまでのストーリーなんです。

心優しい少年、アナキン・スカイウォーカーが大人になって、ダークサイドに陥り、悪者へと進化していくストーリーです。

 

エピソード3でアナキン・スカイウォーカーはダースベイダーとして誕生し、エピソード4へと続きます。

このように、作品がエピソード4から公開されていいますが、エピソード1~3はエピソード4以前の過去のストーリーの為、どっちの順番から見ても楽しめます。

この要因が、観る順番を迷わせてくれますよね。ヒーハー。

 

スターウォーズを観るおすすめの順番

おすすめの要因はいくつかあげられますが、一番ひっかかるポイントは、画質の問題です。

初作品であるエピソード4は、今から41年前の作品ですので、映像の画質や綺麗さ、アクション性など現代の作品と比べると劣ります。

この映像のレベルから低いものを観ようと、エピソード4から始める方も多いはず。

 

しかし、わたしはエピソード1から順番に観る事をおすすめします。

その理由は、たった一つです。

エピソード6におけるラストのシーンです。

このシーンに、今までの全てが詰まっているからです。

 

ここでエピソード1~3を観ているのと、観ていないとで、感じる内容が天地の差だからです。

アクション性など、映像を盛り上げる要素は明らかにエピソード1~3のほうが熱くて、観ていて楽しいです。

エピソード4~6は、1~3と比べて親しみやすいというかホームな感じが漂います。

 

ですので、同じように観るのではなく、ジャンル分けして視聴すると理解しやすくなります。

エピソード1~3⇒アクション性のある熱い男の物語

エピソード4~6⇒ホームビデオ

エピソード7~9⇒完結していないので考察中

のような感覚で、3作品ずつ、切り離してみると、また違った視点で楽しめます

 

エピソード6までクリアすれば、次はエピソード7です。

監督が変わったとはいえ、ストーリーは続編です。エピソード7を観る前に過去の作品を観ているほうが数十倍楽しめる訳ですね。

いちはやくエピソード7だけを観たいのであれば、エピソード4~6だけを観てからでも楽しめます。

なぜならエピソード4~6のキャストが、約40年の時を超えてエピソード7に登場するのですから。

 

やはり気になるエピソード4~6の映像レベル

現代から41年前の作品ですので、当然といえば当然ですよね。

しかし現代では、ブルーレイの登場により過去の作品が綺麗に観れるようになりました。

いくら大昔の作品とはいえ、ブルーレイで見れば全然観れるレベルです。

 

わたし自身も実際に視聴してみましたが驚愕しました。

ブルーレイでスターウォーズが登場する前に、DVDで観ていたのですが、正直観てると辛いと思えるレベルでした。

それがブルーレイになる事で、これほど進化するとは驚きです。ですので、これからスターウォーズの世界を楽しむのであればこそ、ブルーレイで視聴するべきです。

 

何よりも一番の感動のシーンが、ブルーレイ版のエピソード6のラストシーンです。

従来のオリジナル版とは異なり、一人の人物が差し替えられています。

このシーンについては、賛否両論で意見が別れていますが、わたしはこのシーンを観た時は思わず興奮して、涙しました。

映像の古い作品なのに、なぜこの人物が?と疑問に感じられると思いますので、実際に作品を観て味わってみて下さい。

 

ちなみにこれから作品を購入されるのであれば、コンプリート・サーガというエピソード1~6までを各作品をまとめた物が販売しています。

各作品を一つずつ集めるよりも簡単に揃える事ができ、尚且つ金額が安いのでお得です。さらに特典ディスクもついているので、スターウォーズの世界を知るにはもってこいです。

 

エピソード7~は、まだ最後まで完結していないので、単作で販売しているのでそちらを参考にしてください。

 

 

まとめ

スターウォーズを観る順番は、人によって様々なのもスターウォーズの醍醐味と言えますね。

わたしはエピソード1から順に観ていくのをおすすめしてますので、一度全作品を観終わったら、あなたの思った事を感想にしてみて、余韻に浸るのもまた、楽しみではないでしょうか?

 

お読み頂きありがとうございました。by翔やん

 

 

 

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

屠殺場閉鎖デモが世界各地で?屠殺場に勤めた元職員が一言物申す!

ついに我が家へ!PS4proとモンハンワールドを購入!それぞれをレビュー

医者は信用するな!担当の医者が必ずしも正しいとは限らない理由

人生楽しい!人生を楽しく過ごす為の5つの方法で自分改革!

ミサイルが飛んで来たらどうする?対策しておくことで震災時の対策にも

(検証)カレーの美味さが倍増!100円で出来る7種のスパイスとは