20代女性「セクハラの恐怖!」田舎の銀行で働いた体験談

セクハラする人は未だにいる

私は東京の大学を卒業後故郷に戻り地元の銀行に事務職として入行しました

 

地元では知らない人はいない銀行でかなり大手なので家族も喜んでいました。

「大手のためセクハラパワハラ対策はしっかりしている」

との人事の説明もあり安心して入社しました。

 

しかし配属先について間もなく同期から

「セクハラされた!」

との声を聞きました。しかも、一人だけではなく、その後複数人からも声が上がりました。

 

というのも田舎の会社なので今時思うくらい年功序列の意識が高く人事も対策はしているといいつつ口頭注意のみでセクハラの自覚のないおじさまたちは野放しのままでした

 

私も男女差別思える発言を受けたり仕事をいかに頑張っても女性という理由で評価されませんでした。

そしてこの先、私もセクハラされるのでは?と思うと、とても耐えられませんでした。

 

務めた期間5年でも転職は即決意

私がその地元の銀行で働いていた期間は五年ほど

しかし、それまで何度も転職を考えましたし、今振り返っても見切りをつけるのが遅かったと思います。

 

転職を決意したきっかけは人事異動です。

 

私は二年目に女性蔑視の発言の多い上司に当たり、この時は我慢して二年ほどで部署を離れることができました。

しかしその後に、この上司も異動になり、もう一度一緒に働かなくてはならなかったことが、もうここにはいられないと私に決意させた出来事でした。

 

決意をした時はすぐに何社か転職サイトには登録し、実際に動こうと決めてからはそれらの企業が行うセミナーにも積極的に参加しました。

 

その後に5年勤めた銀行を退職し、首都圏の企業に転職しました

 

正直前の職場に比べれば周りがとても良い方たちばかりで働きやすいです

田舎と都会の働きやすさの差を感じました

配属したのは、首都圏にある専門商社の経理の仕事に就くことができました。

 

数字に対する正確性が評価されての採用だったので、前職の辛かった銀行での業務も報われたように感じました。

 

ひとくくりにすべきではないかもしれませんが、やはり首都圏と地方ではセクハラ、パワハラに対する意識がかなり違うと感じられました。

 

私がいた地方銀行は、地元以外の企業と接点があまりなかったので、より一層時代錯誤な考え方が根付いてしまっているようでした。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

30代男性「これ以上は死んでしまう」移動うどん販売店での実体験談

40代男性「新卒で入社した会社の真実」1年で転職した現サラリーマンの実体験談

20代男性「やりたい事を仕事にしたい」地方公務員から家庭教師へ

20代女性「悪口が悪口を呼ぶ」悪口が蔓延する病院で事務として働いた実体験談

30代女性「お金を請求してくるオーナー」某マッサージサロン

20代男性「身体に異常が出る残業」工場勤務で残業超過で働いた実体験談